日記

スティッフパーソン症候群の症状は不安だな〜。

会社に復帰しました。
が・・・手術(たぶん麻酔)の影響か、スティッフパーソン症候群の症状(上肢の痛み)が少し進んでしまったようで毎日憂鬱だー。
悲しくなって「オルフェの唄」をコルネットで吹いてみた。
悲しく吹きたかったのに、真面目な「オルフェの唄」になってしまった。しかも最後は音外してるし・・・
あ〜あ。

日記

麻酔が切れるときの感覚

先日、痔瘻の手術の投稿をしましたが、手術は腰部脊椎への半身麻酔でした。
スティッフパーソン症候群への影響を心配しましたが、麻酔が切れるときの感覚を備忘録として。

麻酔は術後4時間経過後ぐらいから切れてきました。
足の感覚が戻ってきたのはいいのですが、部分的に足の筋肉が痙攣というか、引きつるというか。
そう、あれは筋肉の硬直が戻っていく感覚でした。(それも部分的に始まり、やがて全体へ)

手術の翌日には、自ら立って歩くことはできるようになりましたが、また、あの筋肉痛というか、足の疲れというか、そういう感覚が戻ってきたのを覚えています。(こんなことならずっと麻酔が効いていればいいのにと思ったぐらいです)

最近は、毎朝、上肢の痛みがひどく、ジアゼパムを服用すると若干楽になりますが、やはり少しずつ進行しているのでしょうかね。

でも、体が動くうちは何でも挑戦して人生を楽しみますよ。

日記

皆さんも、お尻は「お・だ・い・痔」に

実は年明け早々、痔瘻の手術を行いました。
腰部脊椎に半身麻酔をかける手術でしたので、スティッフパーソン症候群への影響が怖かったですが、幸いなんの影響もなく手術も無”痔”終了しました。

ただ、術後の経過があまりよくなく、2週間も会社を休んでしまうことになりましたが、週明けから復帰します。

ラッパも、もう1年以上吹いていなところ、久しぶりにトランペットを引っ張り出して演奏してみたくなり、テレビを見ていたら、最新のテレビ版ルパン三世は「史上最強の敵・痔元大介」といったタイトルを見て、再挑戦。ノタノタしながら吹いてみました。

皆さまも、お尻は「お・だ・い・痔」に。

日記

あけましておめでとうございます。

皆さま。
明けましておめでとうございます。
久しぶりの投稿ですが、いよいよ新時代の始まりです。
皆さんにも幸多き年になりますように。

1年ぶりにラッパ吹いてみました。
錆びてしまってシルバーだった色が茶色になっていたり、ピストンは動かないわで大変・・・というより音を出すのが大変でした。
今年は復活の年にしたいですね。

日記

2億4千万の家賃

肋骨骨折で思うようにラッパが吹けないので、第2段替え歌シリーズです。
仕方がないので、ラッパは今から1年前(ラッパを始めてまだ半年程度の頃に耳コピで適当に演奏したものを再利用)に一度アップしたものですが、下手なのは聴き流してください。
学生時代を思い出します。
こんなくだらないことをしているだけでもスティッフパーソン症候群には、心因性の関係でいいのかもしれません。



日記

青春時代 もとい年金時代(骨折はいまだに痛い)

肋骨骨折でラッパは吹けませんが、キーボードならできるだろうと思って、暇つぶしに替え歌やってみました。

つまらないかもしれませんが、分かる人は分かるでしょう。

日記

スティッフパーソン症候群+肋骨骨折

日曜日に部屋で足を滑らせ転倒。運の悪いことに転倒時に椅子の角に肋骨を強打し、昨日は、車で東京まで出張しなければならなかったため、激痛に耐えながら運転してきました。

今朝になっても痛みがひかないので、整形外科を受診したら肋骨が骨折だって。全治約1カ月。
幸い力仕事はないからいいけど、一々動くたびに激痛が走る。
明日からは、また出張の連続だし、今日は大事をとって自宅で安静にしています。

ラッパも痛くて吹けない。あ〜あ。

それで、まだ先の話があって、骨折した数日後に会社の防災訓練がありまして、その訓練の一環として「安否確認メール」というのが送られてくるんですよね。
まあ、訓練ですから、区分としては「無事」にチェックして返信しなければならなかったんだけど、老眼でよく見えなくて、間違って「軽傷」で返信してしまいました。おかげで、「まあ、軽傷には間違いないけど意味が違うだろう! というか重症だろう!」と会社内では爆笑されてしまいました。
約1,500人いる従業員でそういう返信を送ったのは僕だけだったそうです。翌日は、関係者に平謝りでした。(皆さん笑ってましたが・・・)

  1 2 3 4 5..  次の7件>>



Powered by Seesaa