スティッフパーソン症候群 私の闘病記 > 日記 > 天国からの授かり物

日記

天国からの授かり物

ブラバンを通じて親しくさせていただいた友人が先々月に亡くなったという投稿を以前しました。
彼とは、私はスティッフパーソン症候群、彼はあるがんで、病気の違いこそあれ、お互いに励まし合ってきた仲でしたが、残念でなりませんし、今でも彼が亡くなったなんて、まだ実感がないです。

先日、50祭(神式です)が終了したところでしたので、慰問のためご自宅に訪問させていただきました。
その友人の奥さまとは、あまりお話しする機会はなかったのですが、その友人からは私のことを間接的にいろいろ聞いていたようで、びっくりしたのですが「主人と思って大事に使ってください」と、その友人が使っていたコルネットを私に授けてくれました。

そのコルネットはもう30年前後前のかなり古い楽器ですが、管理をしっかりしていたんでしょうね、まるで新品ではないかと思えるぐらい素晴らしい楽器でしたし、知っている方はご存じかと思いますが、ブージー(今のベッセン)というメーカーの貴重な楽器です。
奥さま(その友人にも)には、感謝しきれません。大事に使わせていただこうと思います。
DSC02903.jpg
DSC02902.jpg
DSC02901.jpg

<<『時代』 | スティッフパーソン症候群 私の闘病記トップへ | My Heart Will Go On(今度はコルネットで演奏してみました)>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント


Powered by Seesaa